運動

こんにちは。

本日は運動の大切さについてお話します!

皆さん、運動することによってどんな効果があるか知ってますか?

  • 痩せる
  • 筋肉がつく
  • 健康になる
  • 姿勢が良くなる

他にも何か思いつくものがありますか?

この中でも『健康になる』は、生活習慣病の予防・改善であったり、高齢者であれば骨粗鬆症予防、転倒予防、他にも、糖尿病、心疾患の予防に効果的ですね。

これだけでも、運動しないと!

と思われた方いらっしゃいますよね?

さらにその中でも、『生活習慣病』についてお話しします!

生活習慣病は、不適切なお食事、睡眠不足、運動不足、過度なストレスなどが原因で起こしてしまう病気の総称です。

例えば、糖尿病や高血圧、脳卒中、心臓病などです。

上の病気になってしまうと生涯にわたって付き合っていかないといけません。

なので、なってしまう前に予防しましょう!

予防といっても、運動療法や食事療法、薬物療法、いろいろあります。

調べてみても、運動療法が多く出てきます。

では、どんな運動がいいのか?

1番はやはり有酸素運動です。

ジョギング程度の息が上がらないくらいの速さで30〜60分、週2〜3回のペースで走っていきましょう。

普段、座りっぱなしで全く運動をされない方は少し早く歩くだけでも効果はあると思います。

自分のペースに合わせて、慣れてきたと思ったら少し長めに走ってみたり走る回数を週4にふやしてみたりしましょう!